レボリューションは安全性が高いので安心

「レボリューションは安全性が高いので安心」のイメージ画像

効果が高く、優れた予防効果が得られるレボリューションですが、安全性が気になる方も大勢いらっしゃると思います。
どれだけ効果が高くても、愛犬の体に大きな負担がかかってしまうと安心して投与するのは難しくなってしまいます。
非常に気になるポイントですが、レボリューションには安全性が高く、安心して使える成分が配合されています。

レボリューションに使われているセラメクチンは、生後6週齢からの子犬にも問題なく投与することができる成分です。
妊娠中や授乳中の母犬にも投与できるように作られており、愛犬の体に過度な負担をかけてしまう心配がほとんどありません。
また、投与後にあらわれる可能性がある副作用も少なく、仮に何らかの症状があらわれてしまっても軽いもので終わることがほとんどです。
効果の高さと安全性が両立しているため、安全性を重視して予防薬を選びたいという方にも安心してお使いいただけます。

現在、レボリューションで報告されている副作用は投与部位の炎症や一過性の脱毛です。
愛犬が薬液を舐め取ってしまった場合、嘔吐や流涎といった症状がみられることもあります。
また、ごくわずかですが下痢や食欲減退、かゆみなどの症状がみられることもあると報告されているので注意しましょう。